パパ活相場 私の家にはいつも怖いおじさんが来ていました。そして、両親にお金をもらうとすぐに帰って行きました。どうやら両親は闇金にお金を借りていたみたいです。怖い顔のおじさんだけど、子供の私には優しくいつもお菓子をくれました。そして、私が20歳になると怖いおじさんは来なくなりました。どうやら借金を無事に返済出来たみたいです。 そんなある日、私の携帯に一本の電波がありました。「どうする。両親の借金はもうないけれど俺と会ってくれるか。」「もちろん。」私は高校生の頃にそのおじさんと番号交換をして、両親には内緒でそのおじさんと会っていました。おじさんは両親にとっては借金取り立ての人でしたが私にとってはお金くれるおじさんになっていました。意外と真面目なおじさんは私とHな関係にはまだなっていません。ただ、手を繋いだり、ドライブいったり、食事したりという関係でした。それでもお金くれるおじさんでした。 そして私が20歳になった頃、高級レストランでお祝いをしてくれました。私はその優しさが嬉しく密かに恋をしていましたが、おじさんには妻子があるからその思いを言えずにいました。しかし、20歳になった記念に飲んだワインのせいか私はついに告白しました。「お金くれるおじさんだったけど、私おじさんが好き。結婚してるのも知ってるけど、私の処女をおじさんにあげたい。」「そんな大事なものをこんなおじさんより若い男にあげない。」「おじさんにあげたいの。お願い。」おじさんは私の頬にキスをして、そのままホテルへ行きました。もうすぐ私は本当の大人になります。 お金を貰う

お金くれるおじさん

301
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

まだ記事はありません

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.